多角的に見るカジノの現状

現在日本ではカジノ法案成立でごった返しているような現状です。しかしカジノという形ではないにせよギャンブル自体はすでに日本は浸透しているのが現状です。パチンコや競馬や競輪や競艇や宝くじは日本ではおなじみです。特にパチンコの威力は世界一とされています。またパチンコはネグレトを引き起こす原因にもなっています。これによって死亡した幼児の事件はよくニュースや新聞などの媒体で挙げられているのでまず知らない人はいないと言っていい問題点です。またパチンコによってギャンブル依存症になり生活費だけではなく消費者金融からも借り生活保護者ですらパチンコに通ってしまうという体たらくになっています。また韓国やシンガポールでも観光客よりも国民によるカジノ利用の方がより利益を出しているという結果になっていることもあり政府がカジノ法案に慎重にならざるを得ない状況です。
オンラインカジノのお得な情報はこちら「ルーレットを確率論/賭け方/運で攻略!プロの資金管理法

世界的に見てギャンブルはマネーロンダリングをするのに利用される側面が高いことが挙げられます。特に中国の富裕層によるマネーロンダリングは多いとされアメリカやオーストラリアでよく利用されたとされます。ただ現在はマカオにギャンブル施設ができたことで形勢が逆転しました。中国の富裕層が近くで多額のお金を利用することが可能になったことで今やマカオは世界一に君臨しました。中国政府の反腐敗キャンペーン等の影響はあるもののその勢いはマカオの独走態勢になっているのが現状です。一方アメリカのカジノは中国からの観光客が激減したことも要因になり州によっては閉鎖に追い詰められています。よってラスベガスもかつての勢いはなくなってしまったので別の側面から観光客の目玉を模索せねばならない状況になっています。

日本でIR推進法案が可決したことでギャンブルの種類の幅が広がる可能性がより高まりました。現時点でもギャンブルによって生活が破綻したり依存症の域にまでなったり人生が狂うほどの威力があります。IRが現実化すればさらにギャンブルにのめり込む国民が増えるのではないかという懸念がされています。その一方で逆にギャンブルの種類が多量になることにより一つのギャンブルにハマりすぎて抜け出せなくなると言った事が減る可能性も挙げられます。日本人の依存が激しいとされるパチンコ業界であってももあまり店が多すぎると閉店に追いやられるパターンがあります。そのためギャンブルの種類を増やしてプレイの分散化をすることで一つのギャンブルにのめり込んで散財してしまうというパターンの打開策の可能性の余地があります。