ゲンティンはマレーシアの著名なカジノです

『カジノゾンビ bet or dead』は、2011年にアメリカで作られた映画です。国際的に知名度の高いカジノシティを舞台に、ゾンビを相手にしたサバイバルが繰り広げられているとして、大変にユニークな作品として人気を集めています。原作はグラフィックノベル界の麒麟児、スティーヴ・ナイルズの作品から映画化されました。アメリカのネバダ州にある街リノで物語は進んでいます。リノの近くで、核抹消機と呼ばれる機械の実験が行われようとしていました。それは地球上から核の脅威をなくすのが目的の装置なのです。しかし、気道実験は失敗し、大爆発が起こってしまったのです。その爆発のときに発生した光を浴びた人間は、食欲だけが異様に旺盛になって、知性は全くゼロに近くなるまで失われるゾンビと化してしまいました。恐ろしいことに、ゾンビに噛まれたら、噛まれた人間もゾンビに変身してしまいます。

『カジノゾンビ bet or dead』は奇想天外な方向へとストーリーが広がっていきます。映画の中で、ネバダ州にある街リノとあるのは、言うまでもなく、ラスベガスのことを指しています。カジノというと、ラスベガスの地名が条件反射的に思い浮かべる人も少なくありません。マレーシアのゲンティンやアジアのマカオも名高いですが、それほど、ラスベガスは著名なカジノシティとして、おそらくは全世界の人に知られていることでしょう。だからこそ、映画の舞台としても採用されたのです。ラスベガスの街は一部のダウンタウン地区はともかく、一般的には治安が非常にいいことでもって知られています。街の中にも多くの警察官がパトロールをしており、不測の事態の発生に備えています。カジノ施設の中にも、警備スタッフの姿が多く見られ、また防犯カメラが多く設置されていて、犯罪の発生抑止に努めています。

日本では現在の法律では賭博行為を禁じていますので、原則的にはギャンブルはできないこととされています。ですから、もしカジノが解禁になるとすれば、その前に法律の改正を行っておいて、金銭を賭けてのゲームが合法的にプレイできる条文を盛り込んでおく必要があります。とはいえ、ギャンブルに対して過敏な反応をする人は多く、解禁されたら依存症の人がもっと増えるのではないかとか、暴力団による犯罪が頻繁に起こるのではないか、などといった不安の声も出てきています。現実には、海外の事例を見ても、カジノができたことによって、それが直接のきっかけとなって依存症が増えたとか、犯罪率が高くなったというデータは全く報告されていません。もちろん、そういった事態が起こらないような対策を、それぞれの国や地域が施してきたからにほかなりません。これはシンガポールやゲンティンでも同様でした。
オンラインカジノのお得な情報はこちら「ジャックポットシティカジノの評価評判/口コミレビュー