日本でカジノが合法化された場合の影響です

現在、日本ではカジノ営業が認められていません。しかし、IR推進法が国会を通過したことにより、多くの先進国同様、日本でもカジノを開設する方向での準備が着々と進んでいます。カジノを合法化することのメリットは、経済効果と雇用推進の点に尽きます。インフラ整備や観光客誘致によって、景気動向が不透明な日本に多大の刺激になることは論をまちません。海外からの観光客が日本にやってきて、ギャンブルやショッピング、宿泊で多くの消費をしてくれるのですから、観光大国を目指す日本としては本望と言うべきです。事業者の収益の一定比率は、税金として国や地方自治体に納めますので、税収の面でも大きなプラスになります。雇用促進に関しては、各種施設の建設と、完成後の運営のために人員が必要とされますので、自然と雇用が発生してきます。
カジノ合法化にあたって、懸念の声をあげている人もいます。一つは、ギャンブル依存症になる人が増加する、との不安です。現在でも、パチンコや競馬に入れ込んで、借金をしたあげく、家庭を崩壊させてしまった人は少なくありません。カジノ合法化によって、ギャンブル依存症の増加を、一層、加速する恐れがある、との見方です。ジノは、さらにギャンブル依存症になる可能性が高いのでは?と言われているのです。もう一つ、治安の悪化を心配している向きも少なくありません。ギャンブルから連想するものとして、多額のマネーが動くところから、暴力団の暗躍による犯罪の多発というものがあります。建設予定地の周辺住民にとっては、ひとごとではありません。どれだけ経済面で潤っても、犯罪が横行するようであれば、そんなものは欲しくないというのが偽らざるところでしょう。
そのような不安を解消するための対応策については、現在、検討中です。ギャンブル依存症を増やさないために、入場料を高く設定して、簡単には入場しにくくする、あるいは、入場回数に制限を設けるなどの案が出てきています。また、防犯対策としては、防犯カメラの設置や警備員の配置などで、暴力団員が入場することを抑止します。ただ、カジノ施設の内容がどのようなものになるのか、具体化していませんので、詳細の対策については今後も検討を重ねていく予定になっています。外国では、一般に、日本の国の印象として安全なイメージが持たれています。それだけに、不測の事態が起こったら、日本へのイメージダウンが大きくなり、来日をやめてしまう恐れがあります。外国からの観光客を招くことでの経済効果を狙っているのに、それに反する結果になっては元も子もありません。カジノ施設の安全確保には心血を注いでいく段取りになっています。