チェリーカジノで支払調書を勝ったお金は税金

チェリーカジノは日本国内でも多くのプレイヤーを抱えるオンラインカジノですが、当然にカジノで収益が発生すれば税金の問題が発生します。オンラインカジノの場合には、銀行を介在させて入金から出金まで行うのが常になりますので、税務署がお金の流れを把握でき知ることが可能です。もっともオンラインカジノの場合には、その収益金は競馬や競輪などの配当金と同じ一時所得扱いになります。つまり一時所得扱いになる場合には、50万円の特別控除を受けることができます。つまり50万円を超える金額の収益が存在しなければ、別段、それを確定申告をする必要がないことになります。

問題はチェリーカジノでも戦略によっては、50万円を超える金額を稼げてしまうケースが存在する点です。なかには100万円以上も収益を上げてしまうケースも存在し、確定申告でもそれを証明する必要に求められることがあります。その場合には支払調書を運営元で発行してくれるので、来るべき時期に来た場合には運営元に支払調書の作成を依頼することも可能です。それを税金の確定申告時に提出することで、税金の計算をすることができます。大抵は企業に勤めているサラリーマンが多いので、給与以外で70万円以上の収益が発生した場合には、別途自分で確定申告を行う必要があります。